<戻る

LET'S LEARN ―― 全国統一高校生テストだけの特長を
 詳しく掘り下げます

問題形式は?他模試と何が違うの?
共通テストに特化した全国統一高校生テスト
について紹介します。

女の子の画像

完全準拠

全国統一高校生テストは大学入学共通テストに完全準拠。

見た目のみ共通テストに似せ、“簡単に得点が取れてしまう”共通テスト模試
他社が制作する中、「本番と同じ難易度・同じ傾向・同じ出題範囲」を実現しています。
徹底した分析を行うからこそ生まれる、“本当に学力を伸ばす”模試が東進の強みです。

本番レベル模試

全国統一高校生テストで実際に出題された問題を
紹介します

気になる科目を選択すると、詳細がご覧いただけます。

英語リーディングパラフレーズ

共通テスト英語科目の大きな特徴のひとつである「パラフレーズ」。パラフレーズとは「言い換え」のこと。共通テストでは、設問文は問題文中の表現のパラフレーズを用いて作られます。例を挙げると、”make up for” と “compensate for”(どちらも「埋め合わせをする」という意味です)。同じ意味でも複数の表現の言い換えパターンを知っていないと正しい答えを選べない問題が出題されます。パラフレーズが関わる問題は全体の約30%にもなります。
※2022年度実施の英語リーディング(100点満点)のうち、パラフレーズを用いる問題は31点分。

パラフレーズ問題
パラフレーズ問題の答え
要約問題
要約問題の答え
受験者イラスト

受験者の声

他社の模試は言い換えをしなくても解けましたが、東進の模試はしっかりとパラフレーズをしないと解くことができませんでした。

数学 融合問題

数学科目では特有の「融合問題」が出題されています。融合問題とは複数単元から構成される問題のことです。2022年の本試験では数学ⅠAで図形と計量、2次関数の2単元を融合した問題が出題されています。東進では、これらの特徴を踏まえて類似形式の問題を出題しています。

融合問題
受験者イラスト

受験者の声

東進の模試を受けて、数学は全ての単元をまんべんなく学習し、苦手を作らないようにしておかないと対応できないとわかりました。

次回は2024年11月4日(月・休)実施予定!

フェイスブック