6/9(日)

全国統一
高校生テスト

試験当日

6/13
(木)

6/15
(土)

WEBで成績速報

中3日!

君だけの診断レポート
返却開始!

最大16ページ

中5日!

>大学入学共通テスト
のポイント解説

※高3生はセンター試験本番レベルのテストです。

全国統一テストは
学力を測るだけではなく
学力を伸ばすための模試です。
日本の将来を担う全国の小学生・中学生・高校生を無料招待します。

※各部門をクリックするとジャンプします

模試受験の目的は、学力を測り志望校の合否を判定することだけではありません。大学受験を目指す高校生にとって本当に大切なのは「学力を伸ばす」ことです。このテストでは、自分の弱点ややるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られます。さらには、まだ見ぬ全国のライバルたちと出会い、共に切磋琢磨し、志望校合格とその先の志の実現に向けた第一歩となることを期待しています。

実施要項

日程
2019年6月9日(日)
実施会場
東進ハイスクール・東進衛星予備校各校舎、
特別会場(大学やホール等の外部会場)、東進公認会場
受験料
無料招待
対象
高3生・高2生・高1生・高0生
※高0生とは高校生レベルの学力を持った中学生
受験部門
対象 科目 試験形式 決勝大会
受験学年部門 高3生
(意欲ある高2生・高1生・高0生の受験も可。)
英語・数学・国語・理科・社会
センター試験と同じ
センター試験型(マーク式) あり
高2生部門 高2生
(意欲ある高1生・高0生の受験も可。)
英語・数学・国語 大学入学共通テスト対応
(マーク・記述併用式)
あり
高1生部門 高1生
(高0生の受験も可。)
英語・数学・国語

※高2生部門・高1生部門は大学入学共通テスト対応

教科・時間割

各部門の詳細を見たい方は
下のボタンをクリックしてください。

受験学年部門

高2生部門

高1生部門

決勝大会7/14(日)

学年の枠を超えて全国の精鋭が集う決勝大会を開催いたします。

表彰
決勝大会成績優秀者に対しては表彰状を授与するとともに、東進ドットコム上で公表し、その栄誉を称えます。【副賞としてiPadを贈呈(予定)】
決勝大会は学年を問わず上位から表彰します。
対象
各部門の成績優秀者
(受験学年部門:100名・高2生部門:50名・高1生部門:50名)
続きを見る

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

全国統一高校生テスト
5つの特長

1

最大16ページの 最大16ページの 君だけの診断レポート 君だけの診断レポート

総合評価による合格の可能性と科目・単元・設問の学力分析がわかる最大16ページの詳細な成績帳票を返却します。

2

最速中5日スピード返却 最速中5日スピード返却

成績帳票(詳細データ、最大16ページ)はなんと中5日でスピード返却!試験実施から中3日で成績表(主要項目)をWEB返却します。

3

学年に応じた部門別実施 学年に応じた部門別実施

高2生部門・高1生部門は共通テストの傾向に完全対応(マーク・記述併用式)、高3生はセンター試験本番レベル(マーク式)!君が受けたいレベル形式に挑戦できます。

4

一流講師による解説授業 一流講師による解説授業

一流講師陣による解説授業で効果的な復習ができる!重要ポイントが手に取るようにわかります。

5

全国1,200以上の会場で実施 全国1,200以上の会場で実施

全国47都道府県1,200以上の会場で一斉実施!自宅や高校の近くで受験できます。

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

君だけの診断レポート

総合評価で合格可能性を示す“志望校判定”と、
科目・単元・設問ごとに学力分析を行う
最大16ページの詳細な成績帳票です。

診断レポートの特長pick up!

高3生

志望者の中での偏差値と合格可能性がわかる

昨年合格した先輩との成績比較が可能

科目・単元・設問ごとの学力分析で、
やるべきことがはっきりわかる

高2生・高1生

共通テストに対応した採点を実施

現時点での志望校合格可能性がわかる

現時点で合格可能性が高い
大学グループがわかる

高3生の
君だけの診断レポート詳細はこちら
高2生・高1生の
君だけの診断レポート詳細はこちら

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

受験後の流れ

受験後の流れ

受験当日

6/9()

受験当日、東進ドットコム上で解答解説集を公開

受験後の流れ

受験翌日

6/10(月)

合格指導解説授業
公開※

受験後の流れ

成績表返却

6/13(木)
(中3日)

結果の一部を
WEBで返却

6/15(土)
(中5日)

個人成績帳票
を返却

受験後の流れ

復習

6/17(月)

復習ツールをWEB公開

※校舎受講(受験校舎
にてお申し込みください)

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

先輩の声

先輩の声_石山幸児くん

東京大学 理科一類

現役
合格

東京都立 白鴎高校卒
石山幸児くん

東進模試は、ただ学習内容を確認するだけではなく、学習のやる気を生みだすものでした。特に印象に残っているものは、「全国統一高校生テスト」です。全国の数多くのライバル達と予選、決勝と戦っていくために特に勉強にしっかり向き合わせてくれた機会となりました。

先輩の声_木下光太郎くん

国際基督教大学 教養学部

現役
合格

千葉県 千葉市立 稲毛高校卒
木下光太郎くん

「全国統一高校生テスト」をうまく活用することにより、その先の目標が明確になりました。規模が大きく、自分の全国的な立ち位置が正確にわかることが一番の強みだと思います。また、模試受験後は、成績帳票をもとに担任や担任助手の先生と面談をして、客観的に評価してもらったうえでのアドバイスは的確で大いに役に立ちました。

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

Q&A

共通テストはセンター試験と何が変わるのですか?

特徴的なのは出題形式が大きく変わることです。例えば、文法・語法の問題に代わって、メールや記事など実用的な文章が出題される傾向にあります。さらに、リスニングの比重がリーディングと1:1となり、1:4のセンター試験と比較すると大きくアップするため、今まで以上にリスニング対策が重要です。また従来、正解は1つでしたが、複数ある問題なども出題されます。小手先のテクニックだけでは解答できません。国語や数学では記述問題が出題されるようになり、まさに「知識・技能」を確実に習得したうえで「思考力・判断力・表現力」が問われる入試となるのです。

本当に無料ですか?なぜ無料なんですか?

はい、無料でご招待しています。東進は、未来のリーダーとなる人財を日本全国から探し出し育成することを通じて、日本をより明るく元気な国にするという使命を持って教育事業を行っています。そのために、住んでいる地域や経済的な事情に関係なく、全国すべての高校生に学力を伸ばすヒントを提供する特別なイベントとして、この全国統一高校生テストを無料で実施しています。受験後の合格指導解説授業も含め、このテストによって料金の支払いが発生することはありません。また、入学を強制することもありません。

あまり良い点数を取れる自信がないのですが……。

受験する前はそう思うかもしれません。しかし、模試を受験すること自体に意味があります。まずは点数を気にするのではなく、「自分は何ができて、何ができないのか」を把握するため、そしてどのような出題がされるか知ることが大切です。学力を大きく伸ばすきっかけとして、今回の全国統一高校生テストに挑戦してください。

他の質問も見る

全国で

開催!

会場検索・お申し込みはこちら

高2生・高1生の君へ

大学入学共通テストのポイント解説

 近年、AI技術の進展、グローバル化、不透明な国際情勢など社会構造の変化が急激に起こっており、この動きはさらに加速すると言われています。この時代変化を背景として、これからの時代を逞しく生き抜くために必要な力・資質を身につけ、社会に貢献する人財を育成することを目指し、「教育改革」が進められています。「大学入学共通テスト」はその一部です。

詳しく見る

知力の日本代表を世界へ。米国大学留学支援制度

全国統一高校生テスト決勝大会成績優秀者を、米国大学留学支援制度対象者として認定します。

日本の未来を担い、世界にはばたくリーダー育成を支援するため、日本全国の未来のリーダー候補である高校生に対して、東進は「米国大学留学支援制度」を発足しました。1人あたり総額28万ドル(年間7万ドル×4年間)1学年10名の留学を支援します。

留学支援対象の大学はまさに「知の最高峰」。各国から傑出した人財たちがこの学び舎に集まり、「世界に良い変革をもたらしたい」という大きな理想の実現を目指し、自らの可能性を高めています。超一流の教授陣の講義は、学生たちに社会のあらゆる問題を考えさせる濃密な時間。教える側も真剣勝負です。

また、専攻・学年・人種なども様々な学生同士が集う「学生寮」での共同生活はリベラルアーツ教育の中心的要素であり、この学生寮での共同生活の体験こそが、多様な人的交流を促し、人間力を高め、国際社会で活躍する人財を生み出す原動力となっています。

かけがえのない自分への投資、人生を変える学びがそこにはあるはずです。東進は、この最高の環境に、日本からもスーパーエリートたちを送り出し、社会・世界に貢献するリーダーが次々と育つことを願っています。

  • 目的

  • この奨学金は、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」を教育目標として掲げる東進が、日本全国の未来のリーダー候補である高校生に対して、世界のトップレベルの頭脳が集うハーバード、プリンストン、イェール大学等への進学を支援するものです。卒業後は各分野において、日本代表として世界を舞台に大活躍する人財となっていただくことを目的としています。
  • 対象

  • ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学進学者
  • 選抜
    方法

  • 全国統一高校生テスト決勝大会において、学科(英語、数学IA・IIB、国語)600 点、 課題論文600点の合計1200点と面接試験により、支援対象者を選抜。
  • 支援
    内容

  • 4年制大学へ進学を希望する現高3生・高2生・高1生合計10名に対し、1人総額28万ドル(7万ドル×4年間)を給付。ただし高3生は留学準備ができている生徒に限る。
▼ここから下は10月の全国統一高校生テストの情報です▼
※採点基準・解答例の閲覧にはAcrobatReaderが必要です。

高2生部門

高1生部門

英語

英語音声

数学

国語