全国1,200会場で開催!会場ごとに定員がございます。お早めにお申し込みください。

テレビCM
公開中!
全国統一テストは
学力を測るだけではなく
学力を伸ばすための模試です

学力を伸ばすヒントを得てもらうために、
君を特別招待します。

模試受験の目的は、学力を測り志望校の合否を判定することだけではありません。大学受験を目指す高校生にとって本当に大切なのは「学力を伸ばす」ことです。このテストでは、自分の弱点ややるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られます。さらには、まだ見ぬ全国のライバルたちと出会い、共に切磋琢磨し、志望校合格とその先の志の実現に向けた第一歩となることを期待しています。

実施要項

日程
10月28日(日)
実施会場
  • ・東進ハイスクール 各校舎
  • ・東進衛星予備校 各校舎
  • ・特別会場
    (大学やホール等の外部会場)

1,200以上の会場で実施します。

対象
高3生・高2生・高1生・高0生
受験料

無料招待

受験部門

問題は学年別
受験学年部門・高2生部門・高1生部門の3部門で実施

受験学年部門:センター試験レベル。意欲ある高2生、高1生は受験可。
高2生部門:高2生向け範囲をセンター試験型で実施。
高1生部門:大学入学共通テスト(新テスト)対応。数・国に記述式を含む。

受験学年
部門
高2生
部門
高1生
部門
対象 高3生
高2生
高1生
高0生
高2生
高1生
高0生
高1生
高0生
科目 センター試験と同じ 英語
数学
国語
英語
数学
国語
※決勝大会 あり なし なし

※決勝大会とは成績優秀者のための大会です

※高1生は大学入学共通テスト(新テスト)対応

受験学年部門はセンター試験本番レベルのテストです。 受験学年部門の受験により入試本番であと何点必要かが明確になり、学年を飛び越えて全国のライバルと競い合うことができます。高2生・高1生であっても難関大を志望している生徒や学習が進んでいる生徒は、受験学年部門を選択することができます。また、中高一貫校でない通常の学習範囲での勉強の成果を測りたい高2生、高1生は、それぞれ高2生部門、高1生部門(大学入学共通テスト<新テスト>対応)を受験してください。

教科を見たい方は学年を選択してください

3

2

1
0

  • 高3生の君は
    【受験学年部門】を受験できます。

    3生の君へ

    残された時間を最大限に活用するために。

    テスト実施日の時点で、受験生は入試本番まであと約3カ月。いよいよ志望校対策に取りかかる時期です。君だけの診断レポートでは総合評価による合格可能性に加え、合格者の昨年同時期の成績との比較、単元ジャンル別の学力分析を行います。これから合格までに克服すべき課題を明確にすることで、今後の学習計画がより具体的になり、入試本番までの時間を有効活用できるようになります。

    受験学年部門

    【外国語】
    英語(80分200点)、リスニング(30分50点)

    【数学①】
    数学Ⅰ・数学A(60分100点)

    【数学②】
    数学Ⅱ・数学B(60分100点)

    【国語】
    国語(80分200点)

    【理科グループ①】
    物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目(2科目60分100点)

    【理科グループ②】
    物理、化学、生物、地学から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    【地理歴史・公民】
    世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、『倫理、政治・経済』から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    理科の科目選択方法と時間割

    【パターンA】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンB】
    理科グループ②から1科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンC】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)および理科グループ②から1科目(19:10 ~ 20:10)

    【パターンD】
    理科グループ②から2科目(第1解答科目受験:18:00 ~ 19:00、第2解答科目受験:19:10 ~ 20:10)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語全範囲
    数学①数学I・数学A全範囲
    数学②数学II・数学B全範囲
    (確率分布と統計的な推測を除く)
    国語現代文、古典(現代文のみの受験も可能)
    理科各科目とも全範囲から出題
    地理歴史・公民各科目とも全範囲から出題
    ※理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
    時間割例
    教科・科目時間
    地理歴史・公民 第1解答科目8:30 ~ 9:30
    地理歴史・公民 第2解答科目9:45 ~ 10:45
    国語10:55 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:35
    数学②16:45 ~ 17:45
    理科選択パターンA、B、C、D18:00 ~ 19:00
    理科選択パターンC、D19:10 ~ 20:10
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。
  • 高2生の君は
    【高2生部門】【受験学年部門】を受験できます。

    高2生部門

    【外国語】
    英語(80分200点)、リスニング(30分50点)

    【数学①】
    数学Ⅰ・数学A(60分100点)

    【数学②】
    数学Ⅱ・数学B(60分100点)

    【国語】
    国語(80分200点)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語語彙、文法、長文読解、リスニング
    数学①数学Ⅰ・数学A全範囲
    数学②数学Ⅱ・B全範囲
    (確率分布と統計的な推測を除く)
    ※学習進度による選択問題あり
    国語現代文、古典
    時間割例
    教科・科目時間
    国語10:55 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:35
    数学②16:45 ~ 17:45
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。

    受験学年部門

    【外国語】
    英語(80分200点)、リスニング(30分50点)

    【数学①】
    数学Ⅰ・数学A(60分100点)

    【数学②】
    数学Ⅱ・数学B(60分100点)

    【国語】
    国語(80分200点)

    【理科グループ①】
    物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目(2科目60分100点)

    【理科グループ②】
    物理、化学、生物、地学から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    【地理歴史・公民】
    世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、『倫理、政治・経済』から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    理科の科目選択方法と時間割

    【パターンA】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンB】
    理科グループ②から1科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンC】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)および理科グループ②から1科目(19:10 ~ 20:10)

    【パターンD】
    理科グループ②から2科目(第1解答科目受験:18:00 ~ 19:00、第2解答科目受験:19:10 ~ 20:10)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語全範囲
    数学①数学I・数学A全範囲
    数学②数学II・数学B全範囲
    (確率分布と統計的な推測を除く)
    国語現代文、古典(現代文のみの受験も可能)
    理科各科目とも全範囲から出題
    地理歴史・公民各科目とも全範囲から出題
    ※理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
    時間割例
    教科・科目時間
    地理歴史・公民 第1解答科目8:30 ~ 9:30
    地理歴史・公民 第2解答科目9:45 ~ 10:45
    国語10:55 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:35
    数学②16:45 ~ 17:45
    理科選択パターンA、B、C、D18:00 ~ 19:00
    理科選択パターンC、D19:10 ~ 20:10
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。

    2生の君へ

    難関大合格の秘訣は早期スタート。

    高2生は、これまで学校で習った学習範囲から出題される各学年部門で日頃の学習の成果を測ることができます。学力を伸ばすヒントがつまった君だけの診断レポートをもとに復習を行い、志望校合格に向けた具体的な学習計画を立てることで、その後の学習を効果的に進められます。また、難関大志望で学習が進んでいる高2生は、受験学年部門に挑戦し早期にセンター試験本番レベルを体感することで、受験レベルまでの距離がわかり課題も明確になります。

  • 高1生・高0生の君は
    【高1生部門】【高2生部門】
    【受験学年部門】
    を受験できます。

    高1生部門

    大学入学共通テスト(新テスト)対応
    (マーク式、数・国に記述式を含む)

    【外国語】
    英語(80分100点)、リスニング(30分100点)

    【数学①】
    数学I・数学A(70分200点)

    【国語】
    国語(100分200点)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語長文読解、リスニング
    数学中学履修範囲、数学I・数学A
    (数と式、集合と命題、2次関数、場合の数と確率)
    国語現代文、古典(記述式問題は段階別評価とします)
    時間割例
    教科・科目時間
    国語10:35 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:45
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。

    高2生部門

    【外国語】
    英語(80分200点)、リスニング(30分50点)

    【数学①】
    数学Ⅰ・数学A(60分100点)

    【数学②】
    数学Ⅱ・数学B(60分100点)

    【国語】
    国語(80分200点)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語語彙、文法、長文読解、リスニング
    数学①数学Ⅰ・数学A全範囲
    数学②数学Ⅱ・B全範囲
    (確率分布と統計的な推測を除く)
    ※学習進度による選択問題あり
    国語現代文、古典
    時間割例
    教科・科目時間
    国語10:55 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:35
    数学②16:45 ~ 17:45
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。

    受験学年部門

    【外国語】
    英語(80分200点)、リスニング(30分50点)

    【数学①】
    数学Ⅰ・数学A(60分100点)

    【数学②】
    数学Ⅱ・数学B(60分100点)

    【国語】
    国語(80分200点)

    【理科グループ①】
    物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目(2科目60分100点)

    【理科グループ②】
    物理、化学、生物、地学から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    【地理歴史・公民】
    世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、『倫理、政治・経済』から最大2科目(1科目60分100点/2科目120分200点)

    理科の科目選択方法と時間割

    【パターンA】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンB】
    理科グループ②から1科目(18:00 ~ 19:00)

    【パターンC】
    理科グループ①から2科目(18:00 ~ 19:00)および理科グループ②から1科目(19:10 ~ 20:10)

    【パターンD】
    理科グループ②から2科目(第1解答科目受験:18:00 ~ 19:00、第2解答科目受験:19:10 ~ 20:10)

    出題範囲
    教科出題範囲
    英語全範囲
    数学①数学I・数学A全範囲
    数学②数学II・数学B全範囲
    (確率分布と統計的な推測を除く)
    国語現代文、古典(現代文のみの受験も可能)
    理科各科目とも全範囲から出題
    地理歴史・公民各科目とも全範囲から出題
    ※理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
    時間割例
    教科・科目時間
    地理歴史・公民 第1解答科目8:30 ~ 9:30
    地理歴史・公民 第2解答科目9:45 ~ 10:45
    国語10:55 ~ 12:15
    昼休み12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入12:55 ~ 13:15
    英語13:25 ~ 14:45
    リスニング14:55 ~ 15:25
    数学①15:35 ~ 16:35
    数学②16:45 ~ 17:45
    理科選択パターンA、B、C、D18:00 ~ 19:00
    理科選択パターンC、D19:10 ~ 20:10
    提供資料
    • (1)解答解説集…試験当日にWEBにて提供
    • (2)君だけの診断レポート…試験実施から中5日で返却(1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください)。実施後中3日で結果の一部をWEBで確認できます
    • (3)復習ツール(講評・リスニング音声)…試験実施8日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
    合格指導解説授業(無料)
    • 受講方法…校舎受講
      (受験校舎にてお申し込みください)
    • ※いくつでも受講できます。

    1生・高0生の君へ

    新しい大学入試に向けて早期のスタートダッシュ。

    2020年度(2021年1月実施)から新たに「大学入学共通テスト(新テスト)」(以降、共通テスト)が導入されます。今の高校1年生は、この「共通テスト」の初めての受験生になるのです。新しいテストではこれまでの「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」が試されます。高1生にはこの「共通テスト」に対応した問題を用意しています。学力を伸ばすヒントがつまった君だけの診断レポートをもとに復習を行い、早めに土台を固めておくことで、新しい大学入試への準備ができます。誰よりも早くスタートダッシュを切りましょう。

  • 全国1,200会場で開催!会場ごとに定員がございます。お早めにお申し込みください。

    学力が伸びるポイント

    詳細にわたる君だけの診断レポートで自分の弱点とやるべき課題が明確に

    合格まであと何点必要かがわかる

    試験実施から中3日で主要な個人成績をWEBで確認できる
    (中5日で最大20ページの充実した君だけの診断レポートをスピード返却)

    一流講師による解説授業で効果的な復習ができる

    さらに、君の成績と東進が持つこれまでの受験生の膨大なビッグデータをもとに、 学力を大きく伸ばすための
    コーチング(合格指導面談)
    無料で実施します。
    ぜひこの機会を活かして志望校合格への大きな一歩を踏み出してください。
    成績帳票返却開始日(11/3)以降、個別実施。事前に日時を予約できます。

    全国1,200会場で開催!会場ごとに定員がございます。お早めにお申し込みください。

    君だけの診断レポート

    全国統一高校生テスト
    君だけの診断レポート!(成績帳票)

    君だけの診断レポートが、
    君の学力を引き上げる!

    君だけの診断レポートの
    スゴいトコ!!

    ~なぜ東進の模試で君の学力が上がるのか~

    中5日のスピード返却で、
    すぐに復習。だから学力が伸びる!
    空前絶後の最大20ページにわたる充実ぶり、レーダーチャートで一目瞭然!

    ※学年・受験科目によりページ数が異なります。

    合否判定に加え、絶対評価で
    「合格まであと何点」が明確に!

    偏差値により総合評価の合格可能性を提示!

    昨年の合格者の同時期の成績を比較!

    成績分布から自分の学力が見える!

    科目・単元・設問ごとの詳細分析で
    学習の優先順位をつけられる!

    第一志望校に合格した先輩の得点およびその得点に対する達成率を表示しています。単元ごとの分析と設問ごとに学習項目と正答率が表示された資料をもとに、今後の学習の優先順位をつけて学習計画を立案できます。

    ※君だけの診断レポートの見方(成績帳票)

    詳細はこちら

    全国統一高校生テストは
    解説授業(無料)があります。

    ※画像はイメージです

    飛躍的に復習効果を高める!

    模試を受けた後は復習が重要です。東進模試では、充実の解答解説に加え、実力講師陣による合格指導解説授業を用意。復習の有無は、入試本番で似た問題が出題された時の正答率の差となって現れます。

    解答解説で復習方法を紹介

    解答解説では、冒頭で模試の効果的な復習方法を解説。学力を伸ばすための模試活用術を身につけることができます。さらに出題のねらいや重要事項・アドバイスを豊富に掲載しています。

    合格指導解説授業で徹底理解

    試験実施後、合格指導解説授業を実施します。映像による授業の個別受講のため、自分のスケジュールに合わせて日程・科目を選択できます。多くの受験生を志望校合格に導いてきた東進の実力講師陣による講義で、重要ポイントが手に取るようにわかります。

    全国1,200会場で開催!会場ごとに定員がございます。お早めにお申し込みください。

    ハーバード大学

    日本の未来を担い、世界にはばたくリーダー育成を支援するため、 日本全国の未来のリーダー候補である高校生に対して、東進は 「米国大学留学支援制度」を発足しました。
    1人あたり4年総額28万ドル(約3000万円) 1学年10名の留学を支援します。

    もっと見る

    早稲田大学 文化構想学部 井桁 大悟くん
    私立 鎌倉学園高等学校卒

    高2の秋という比較的早い時期から本番と同形式の模試を受けたことで、自分の中の受験に対する意識が明確に変化しました。また自分だけの診断レポートを見て欠点を把握することで、やることが漠然としがちな高2生の時期から1年後を見据えた準備を進めることができました。


    早稲田大学 商学部 西木戸 佐恵さん
    私立 四天王寺高等学校卒

    志望校合格まであと何点必要かが分かるのでモチベーションが高まりました。また、10月はたくさんの模試が集中する時期でしたが、診断レポート合格指導解説授業などが充実しており、模試が受けっぱなしにならなかったことも良かったと思います。


    東京大学 理科一類 野田 航汰くん
    神奈川県立 相模原中等教育学校卒

    入試本番に向けて
    センター試験本番で実力を発揮できるように本番と同じ形式で模試を受けられるのがよかったです。

    全国1,200会場で開催!会場ごとに定員がございます。お早めにお申し込みください。

    ▽テレビCM公開中▽

    

    前回6月の全国統一高校生テスト解答解説はこちらからダウンロードできます

    いつでも君にピッタリな
    実力講師陣の授業を体験できます。

    詳しい資料をお送りいたします。
    気軽にご請求ください。

    今年からすべてのテストが年2回実施になりました。